手首の痛み

こんなお悩みでお困りではありませんか?

 

  • 手首を動かすと痛い
  • 指先に痺れがある
  • 手がこわばる
  • 握力が弱い気がする
  • 仕事や家事で手をよく使う

もう大丈夫です!当院には、手首の痛みでお悩みの方が多く来院されて、改善している事例が数多くあります。

 

手首は8個の骨で構成されています。

小さな骨と骨が靭帯でとめられていて、周辺を手首や指を動かす筋肉や腱が取り囲んでいる部分です。

筋肉や関節、靭帯または骨自体に問題が起こることで痛みが発症します。

 もしあなたが手首の痛みでお悩みなら、一人で悩まずにぜひ一度当院まで気軽にご相談ください。

 

当院が手首の痛み改善に際して大切にしていること

痛みの原因をハッキリさせること、痛みを治しきることを大切にしています。

手首は小さな骨が集まり出来ている関節ですので、手首の痛み=炎症とは限りません。

手首の骨折は、捻挫と間違われ治療されてしまう事も多く、しっかりとした鑑別が必要です。

手首は使用頻度の高い関節ですので、治療をして痛みを治しきらないとすぐに痛みが再発します。

少し良くなったからと言って、治療をやめてしまってはいけません。

あなたは今まで手首の痛みに対して、どのような処置を行ってきましたか?

整形外科に行くと、レントゲンで異常がなければ安静にして様子をみることが多いようです。

他の接骨院や整体院では、電気、テーピングでの施術が多いようです。

軽い症状の場合、整形外科や一般的な整骨院などで手首の痛みが改善される場合もありますが、実際には、

  • 原因がはっきりせず不安だ
  • 施術への詳しい説明がなかった
  • 痛くてなにも作業ができない

と悩まれている方も多いようです。

 

当院での手首の痛みに対するアプローチ

大袋駅整骨院では、手首の痛み原因は、

 

 

  • 使いすぎによる腱鞘炎
  • 手首を捻ってしまった捻挫
  • 首や肘からの神経の異常
  • 骨折

にあると考えています。

 

当院では、まず痛みの原因をハッキリさせるため、検査を入念に行います。

骨折の可能性があれば、整形外科へ行くようにお伝えします。

腱鞘炎や捻挫などの炎症が強い場合は、超音波治療をし、手首への負担を取り除くよう手技により周辺の筋肉をゆるめ、テーピングまたは包帯により固定します。

使いすぎによる痛みの場合は、神経の通りの異常による筋力低下も考えられます。骨盤、背骨の歪みが肩、肘、手首とつながる関節を歪ませている場合もありますので、骨格の歪みを治す矯正治療を行い、神経の通りを正常にする治療を行います。

合わせて日常生活での手首のケア方法をお伝えし、少しでも手首へ負担がかからないよう指導します。

 

 

もしあなたが手首の痛みでお悩みなら、一人で悩まずにぜひ一度当院までご相談ください。