膝痛

こんなお悩みでお困りではありませんか?

  • 身体が動き出すときに、痛みが強く出る
  • 正座ができない
  • 痛みで階段の上り降りが難しい
  • 注射を打つと楽になるが、すぐ元に戻る
  • 膝がだんだん変形してきた

もう大丈夫です!当院には、膝痛でお悩みの方が多く来院されて、改善している事例が数多くあります。

 

膝痛は放っておくと、変形が進み、軟骨がすり減って骨と骨の間が狭くなっていきます。

その状態で歩き続けると膝の腫れが強くなり、水がたまる・O脚がひどくなる・膝がぐらぐらするなどの症状が出始めます。

 

重症化してしまうと、最悪の場合は自力での歩行が困難になり、手術が必要になることもあるので注意が必要です。

 

もしあなたが膝痛でお悩みなら、一人で悩まずにぜひ一度当院まで気軽にご相談ください。

当院が膝痛改善に際して大切にしていること

膝痛を改善するためには、症状の悪化を防ぐだけでなく、再発の予防も視野にいれなければなりません。

 

そのため大袋駅前整骨院では、以下3つのアプローチが大切だと考えています。

 

・痛みを最小限に抑えるテーピングやサポーターの装着

・骨盤矯正

・筋力トレーニングや歩行指導

 

なぜなら膝は、歩くたびに荷重がかかり続ける部位だからです。

上記に挙げた3つで膝の保護・強化をしっかりと行い、膝の偏った負担を軽減することが、改善への近道をいえるでしょう。

 

膝は変形が強くなると、直すことができず、手術が必要です。

痛みが初期の段階に、いかに適切な対応をするかがポイントですので、ぜひ早めのご来院をおすすめします。

処置を行ってきましあなたは今まで膝痛に対して、どのようなたか?

整形外科では、湿布や痛み止めの処方、関節に溜まった水を抜く、注射を打つなど、その場しのぎの施術が多いようです。

 

他の整体院や整骨院では、痛みのある箇所に電気治療を施したり、周りの筋肉を緩めるためマッサージをするだけの場合もよくあります。

 

軽い症状の場合、整形外科や一般的な整骨院などで膝痛が改善される場合もありますが、実際には、

 

・通い続けているが、痛みが変わらない

・いつも同じような施術をばかりで、効果がない

・痛みの原因が不明なまま、施術を受けていた

 

と悩まれている方も多いようです。

 

当院での膝痛に対するアプローチ

大袋駅前整骨院では、膝痛の原因を「骨格の歪み」「関節周囲の筋力低下」「関節の可動域の制限」だと考えています。

 

当院ではまず、立った状態の姿勢、歩き方、背骨や骨盤の状態を確認します。

 

そして、身体のバランスがどれだけ崩れているか、どれだけ痛めている膝に負担がかかっているかを知っていただいてから、症状が出ている部分の検査を行い施術に入ります。

 

炎症が強い場合はアイシング・超音波治療器・鍼灸施術を併用して行うことで早期回復を促します。

 

また、自宅で行うセルフケアとして、筋トレやストレッチを指導し、ご自身でも炎症の鎮静や筋肉強化・膝まわりの可動域の改善が出来るようにお伝えしています。

 

もしあなたが膝痛でお悩みなら、1人で悩まずにぜひ一度当院までご相談ください。