野球肩

こんなお悩みでお困りではありませんか?

  • ・肩の痛みで野球ボールが投げられない
  • ・野球肩と診断され、早く治したい
  • ・痛みが落ち着いても、投げるとまた痛みが出る
  • ・軽くは投げられるが、強く投げると肩に痛みが出る
  • ・投球時、よく肩が開いていると言われる

もう大丈夫です!当院には、野球肩でお悩みの方が多く来院されて、改善している事例が数多くあります。

 

野球肩になると、痛みがあるため、どうしても上半身に頼った手投げになりがちです。

間違った投球動作を続けていると、肩ばかりか、ひじ・指にまで負担がかかり、痛みがどんどん広がっていきます。

 

また悪化が進むと、バッティングでも肩が痛むようになり、練習がほとんど出来ない状態になります。

 

もしあなたが野球肩でお悩みなら、一人で悩まずにぜひ一度当院まで気軽にご相談ください。

当院が野球肩改善に際して大切にしていること

大袋駅前整骨院では、野球肩の改善にあたり、今ある痛みをとるだけでなく、「再発防止のための筋力トレーニング」や「投球動作の指導」まで行うことが必要だと考えています。

 

なぜなら、肩を支えるためのインナーマッスル(深層筋)が弱い人、投球動作に悪いくせがある人のほとんどが、野球肩を発症しているからです。

そういう方は、いくら施術を進めても、なかなか改善に向かいません。

野球肩を速やかに改善に導くため、そして正しいフォームで投げれるようになるため、当院では

  • ・インナーマッスルの筋トレ
  • ・自己流の投球方法の改善指導

を大切にしています。

あなたは今まで野球肩に対して、どのような処置を行ってきましたか?

整形外科では、「使いすぎなので安静にしてください」と言われ、しばらく練習や試合を休むように言われることが多いようです。

 

レントゲンやMRIを撮っても骨に異常は無い場合は、「肩の使い過ぎ」と診断され、炎症を抑えるアイシングや、痛み止めの注射、湿布・薬の処方が一般的です。

 

他の整体院や整骨院では、痛みがある腕をほぐし、電気をかけ、超音波などをすることが多いようです。

 

軽い症状の場合、整形外科や一般的な整骨院などで野球肩が改善される場合もありますが、実際には、

 

・少し楽になったけど、まだ痛みが残っている

・ずっと通っているけど変化がない

・肩の可動域が変わらない

 

と悩まれている方も多いようです。

当院での野球肩に対するアプローチ

大袋駅前整骨院では、野球肩の原因を「肩のインナーマッスル(深層筋)の低下」「投球動作の悪いくせ」だと考えています。

 

当院ではまず、肩周囲の筋肉をゆるめて、血行を良くしていきます。

血行不良が改善に向かうと、栄養が速やかに筋肉や関節に運ばれ、痛みが緩和されるからです。

 

そして痛みが引いてきたら、肩甲骨周辺の4つの筋肉(ローテーター・カフ)のトレーニングを指導し、関節の安定性を高めます。

 

また、投球動作の悪いくせを取り除き、関節にかかる負担を軽くすることで、痛みを根本的に改善へと導きます。

 

さらに並行して、岩盤ヒートマットで全身を温めながら、インナーマッスル(深層筋)を鍛える「岩盤エクササイズ」を取り入れ、再発しない身体づくりを目指します。

これは「EMS」という特殊な電気治療器で、寝ながらにして筋力アップを実現する画期的な施術アプローチです。

 

もしあなたが野球肩でお悩みなら、1人で悩まずにぜひ一度当院までご相談ください。