梨状筋症候群

こんなお悩みでお困りではありませんか?

  • お尻が痛い
  • 足がしびれる
  • 運動できない
  • 腰の痛み
  • 座っていられない

もう大丈夫です!

当院には、梨状筋症候群でお悩みの方が多く来院されて、改善している事例が数多くあります。

梨状筋症候群は股関節外旋(外に開く運動)の繰り返しなどにより坐骨神経を

摩擦あるいは絞扼(締め付ける)し、痛み.しびれなどが出る症状です。

更にひどくなると、歩行困難になっていきます。

梨状筋症候群は、悪化すると治るまでに時間がかかりますので、当院では早めの対処をおすすめしています。

もしあなたが梨状筋症候群でお悩みなら、一人で悩まずにぜひ一度当院まで気軽にご相談してください。

当院が梨状筋症候群に際して大切にしていること

大袋駅前整骨院では、梨状筋症候群を改善するにあたり、神経の痛みを取り除くことはもちろん、弱ってしまった筋肉を強化することにも力を入れています。

なぜなら、梨状筋症候群は、その梨状筋というお尻の筋肉が弱っているとなりやすく例えばデスクワークのやりすぎからなり治ったとしても、再び仕事などで

デスクワークを繰り返しなってしまうからです。

弱ったままの筋肉では、再発防止にはなりません。

そこで当院ではまず、神経の痛みを和らげる施術で、制限されていた動きを取り戻すことからはじめています。

その上で、お尻をはじめとする筋肉の強化を試み、再発しない身体づくりを目指していきます。

当院での梨状筋症候群に対するアプローチ

  • • 神経の絞扼
  • • 日常生活の改善

だと二通りに分けて考えています。

 

そこで当院ではまず、お尻の筋肉をほぐしや、鍼治療などで梨状筋の絞扼を軽減させます。

 

また、梨状筋症候群は、使いすぎもしくは使わなすぎの症状です。しかし背景には必ずそうなってしまった原因として、姿勢不良や骨盤のゆがみも影響しています。

 

ですので当院では、神経の痛みが治るまでは梨状筋への施術をしっかりと行い、身体全体のトータルバランスに配慮しながら、梨状筋症候群の痛みやしびれを改善へと導きます。

 

もしあなたが梨状筋症候群でお悩みなら、1人で悩まずにぜひ一度当院までご相談ください。