ぎっくり腰

こんなお悩みでお困りではありませんか?

  • 重い物を持ったとき腰に激痛が生じた
  • 寝返りが打てないほどの痛みがある
  • 何回もぎっくり腰を繰り返している
  • ぎっくり腰になってから腰の痛みが落ち着かない
  • 少しでも楽に歩けるようになりたい

もう大丈夫です!当院には、ぎっくり腰で来院されている方が多数で改善している事例が数多くあります。

 

ぎっくり腰になってしまうと動けない、痛みで眠れないなど日常生活が難しくなってしまいます。

ちゃんとした処置をしないと回復までの時間がかかる一方で痛みが出続けるだけです。

もしあなたがぎっくり腰でお悩みなら、一人で悩まずにぜひ一度当院まで気軽にご相談ください。

 

当院でぎっくり腰を施術する際に大切にしていること

ぎっくり腰は「急性腰痛」と表現されることが多く腰の筋肉が一番の原因と考えがちです。

確かに腰の筋肉の慢性的な疲労や急激な力が加わることで痛めているのですが、痛めている箇所をいきなり押すことによって損傷は強くなる一方です。

当院では腰の状態を見るのはもちろんの事ですが、足やおしりの筋肉の硬さを見て特殊な手技を行い、周りの筋肉を緩めることによってぎっくり腰の早期改善を図ります。

痛みが減少してきたら体の歪みやバランスを整える矯正を行うことによって再発の防止を促し、痛みが出る前の体よりも良い状態にすることを大切にしています。

あなたは今までぎっくり腰の痛みに対して、どのような処置を行ってきましたか?

整形外科では、湿布や痛み止め、コルセットの処方や、痛みのある部位に電気治療を施すことが一般的です。

 

他の整体院や整骨院では、痛みがある部位をマッサージし、電気をかけるだけで体全体の調整をしないことが多いようです。

 

整形外科や一般的な整骨院などで施術を受けた方は、

  • 痛みが変わらない
  • 痛みが増して動けなくなった
  • 少しよくなったがまたぎっくり腰になってしまった 

と悩まれている方も多いようです。

 

当院でのぎっくり腰に対するアプローチ

大袋駅前整骨院では、ぎっくり腰の原因を、以下2つだと考えています。

  1. 腰部、足、おしりの筋肉の過緊張
  2. 骨格の歪みで起きる筋肉の左右差

当院ではまず、腰部の熱感を見ます。熱を持っている場合は損傷が強い事が多いため早急にアイシング処置を行います。

早期に冷やすことによって炎症の広がりを少なくするためです。

炎症は発症してから72時間以内に適切に処置しないと回復が大幅に遅れてしまい施術効果も薄れてしまいます。

その後【当院でぎっくり腰を施術する際に大切にしていること】に記した施術を行い体の緊張を取ることによって腰部にかかっている負担を和らげます。

また、鍼灸を併用することによって消炎鎮痛があり、より早期に回復が見込めます。

もしあなたがぎっくり腰でお悩みなら、痛めてしまったこの瞬間が施術を行うタイミングです。早すぎるというのはないのです。是非一度当院にご相談ください。

きっと力になれるはずです。