オスグット

こんなお悩みでお困りではありませんか

  • 運動すると膝が痛い
  • 膝のお皿の下が腫れている
  • 運動後、膝の曲げ伸ばしがしにくい

もう大丈夫です!当院にはオスグットでお悩みの方が多く来院されて、改善している事例が数多くあります

 

 

オスグットとは成長期の子供に多い膝の症状で

膝の痛みを放っておくと、症状がどんどん進行していきます。

今までは、運動中や深く膝を曲げたときに出ていた痛みが、強くなることはもちろん、じっとしていても痛みが続くまでに悪化する可能性があります。

 

また、膝のお皿の下の骨(脛骨)が盛り上がり、こぶのように変形してしまうと将来的に元に戻るのは難しいです。その様になる前に早めの治療をオススメします

 

もしあなたが膝の痛みでお悩みなら、一人で悩まずにぜひ一度当院まで気軽にご相談ください。

 

当院がオスグットの痛み改善に際して大切にしていること

大袋駅前整骨院では、オスグットの痛みを改善するためには、痛みを取ることはもちろん、筋肉の柔軟性を高めていくことだと考えています。

 

なぜなら、筋肉の柔軟性が低くなってくると、さまざまな関節に対しての負担が大きくなり、怪我のリスクが高くなるからです。

 

当院では、膝まわりの筋肉の柔軟性を高める施術を慎重に進め、痛みを改善へと導いていきます。

 

あなたは今までオスグットの痛みに対して、どのような処置を行ってきましたか?

整形外科では、湿布の処方やアイシング指導、痛みのある部位に電気治療を施すことが一般的です。

 

他の整体院や整骨院では、コリがある部位をマッサージしたり電気をかけるだけで、筋肉の柔軟性を高めないことが多いようです。

 

軽い症状の場合、整形外科や一般的な整骨院などでオスグットの痛みが改善する場合もありますが、実際には、

 

  • 少し楽になったけど、まだ痛みが残っている
  • ・少し楽になったけど、まだ痛みが残っている
  • 痛みが変わらない

と悩まれている方も多いようです。

 

当院でのオスグットの痛みに対するアプローチ

大袋駅前整骨院では、オスグットの痛みの原因を、以下2つの流れだと考えています。

 

○筋肉の状態(柔軟性、血流の流れ)が悪くなってしまっている

 

〇骨盤の歪みによって左右の足の長さが変化して、足にかける体重比が異なってしまっている

 

当院ではまず、左右の筋肉バランスを調整し、固まっている膝まわりのの筋肉をほぐして痛みを緩和します。

そして膝や股関節の可動域を広げていきながら、再発しない身体をつくっていきます。

また、骨盤の歪みがある場合には骨盤矯正を行い、左右の足にかかる体重比を整えます。

 

もしあなたがオスグットの痛みでお悩みなら、1人で悩まずにぜひ一度当院までご相談ください。