ばね指

こんなお悩みでお困りではありませんか?

  • 指を曲げたままで固まった
  • 無理やり伸ばすと異音がする
  • 指を曲げようとするとガクッと動く
  • 指や指の付け根に腫れや痛みがある
  • 指が強張った感じがある

もう大丈夫です!当院には、ばね指でお悩みの方が多く来院されて、改善している事例が数多くあります。

もしあなたがばね指でお悩みなら、お一人で悩まずにぜひ当院まで気軽にご相談ください。

ばね指になる原因とは

  1. 指・腕の使いすぎ
  2. 老化・妊娠・出産によるホルモンのバランスの乱れ

仕事やスポーツ、趣味などでよく指や腕をよく使われる方が発症しやすくなっています。

また更年期・妊娠中や産後の女性に比較的多く発症することがあるのでホルモンのバランスの乱れも原因に関与していると考えられています。

ばね指になった状態とは

ばね指とは、指を曲げる腱が腱鞘(腱を刀の鞘(さや)の様に包んでいるトンネル)に引っかかることで指の運動が阻害されます。

引っかかる原因として多くは指の使いすぎから腱・腱鞘に炎症が起こり腫れてしまい、トンネル自体が狭くなる、トンネルを通る物自体が大きくなるなどが理由で症状が起こります。

一般的なばね指への対処法

  • 腕や指の安静
  • 腕や指のマッサージ
  • のみ薬の処方や注射

などの対処をされる方が多いようです。

またこれらの対処法を行っても改善されないときは、腱鞘の手術をすることもあります。

対処法をきちんと続けていても良くなったり悪くなったりを繰り返したり、手術した指とは別の指が発症してしまうと悩まれている方も多いようです。

当院がばね指改善に際して大切にしていること

  • 手首・肘・肩関節の調整
  • 腕・手のひらの筋肉の緊張の緩和

と考えています。

ばね指とは腱鞘が狭くなる・腱の腫れによっておこっているので腱にかかる負担を減らす必要があります。

腱とは骨と筋肉のつないでいる場所なので、関節のバランスが崩れ、筋肉が伸張・収縮・捻じれなどが起ると、筋肉の動きが悪くなり、緊張して常に腱が引っ張られるようになると腱に炎症が起こりやすくなります。

 

当院では関節の調節を行い筋肉の緊張の緩和を目指し、腱の炎症が起きづらいようにしていきます。

 

もしあなたがばね指でお悩みなら、1人で悩まずにぜひ一度当院までご相談ください。