腸脛靭帯炎(ランナー膝)

こんなお悩みでお困りではありませんか?

  • 膝に痛みがある
  • 特に膝の外側が痛い
  • ランニング中やランニング後に痛みが増す
  • 階段などでも痛みがある
  • 痛みが出る側に体重をかけると辛い
  • 安静にしていても痛い

もう大丈夫です!当院には、腸脛靭帯炎(ランナー膝)でお悩みの方が多く来院されて、改善している事例が数多くあります。

 

腸脛靭帯炎(ランナー膝)とは、膝の屈伸運動を繰り返すことによって太ももの外側にある腸脛靱帯が大腿骨(足の骨)と何度もこすれることにより炎症を起こし、痛みが出ます。「そのうち良くなるかな」と思い過ごしていると、段々と症状が重くなり、歩いたり階段を使うことさえも辛くなってしまったり何もしなくても痛みが出ることもあります。症状が慢性化してくると治るのも遅くなる傾向にあります。

 

 

もしあなたが腸脛靭帯炎(ランナー膝)でお悩みなら、一人で悩まずにぜひ一度当院まで気軽にご相談ください。

当院が腸脛靭帯炎(ランナー膝)に際して大切にしていること

大袋駅前整骨院では、腸脛靭帯炎(ランナー膝)の改善にあたり、今ある痛みをとるだけでなく、再発をさせないようしていきます。腸脛靭帯炎(ランナー膝)はとても再負傷することが多い疾患です、なので関節の可動域(体の動く範囲)を増やす施術や、神経の調整施術、筋肉のトレーニングまで行うこと、他にも股関節や骨盤の歪みそれに伴う姿勢の調整が必要だと考えています。

 

なぜなら、ランニングのしすぎ、日常的な習慣によって何度も繰り返し使われることによって痛みが出るのが特徴なので、治ったと思っていてもまた走り始めると痛みが出てきたとなりやすいので日常生活の負担を減らすこと、痛みで弱くなった筋肉を強くするためのトレーニングや関節周りの柔軟性が大切です。

あなたは今まで腸脛靭帯炎(ランナー膝)に対して、どのような処置を行ってきましたか?

整形外科では、

  • 痛み止め・湿布の処方
  • マッサージ
  • ストレッチ
  • リハビリ

が一般的です。

 

他の整体院や整骨院では、痛みがある膝周りをほぐし、電気をかけることが多いようです。

 

軽い症状の場合、整形外科や一般的な整骨院などで腸脛靭帯炎(ランナー膝)が改善される場合もありますが、実際には、

  • なかなか症状が改善しなかった
  • 対処を受けているにもかかわらず、症状が悪化してしまった。

と悩まれている方も多いようです。

 

では、どうすれば腸脛靭帯炎(ランナー膝)の症状を改善することができるのでしょうか?

当院での腸脛靭帯炎(ランナー膝)に対するアプローチ

大袋駅前整骨院では、腸脛靭帯炎(ランナー膝)の原因を、

  1. 骨盤や股関節の歪み
  2. 筋肉の柔軟性
  3. 靭帯と周囲の筋肉との癒着

なぜなら、股関節の可動域や骨盤の傾きによって腸脛靭帯に過度の負担がかかります、それが繰り返させれる事によって、何度も靭帯がこすれ靭帯や周りの筋肉との癒着が増していき痛みが強くなっていきます。少し痛みが治まってきても癒着が残っていたり関節の動きが悪いとなかなか痛みがとりきれません。

 

当院ではまず、まずは身体のバランスをチェックしてから、骨盤と股関節、膝まわりの検査を行い、骨の歪みを整えます。その上で、関節の動きをよくし痛みを出している太ももから膝にかけての痛みにアプローチし改善させ、再発を防ぐためにストレッチ、トレーニング指導を行います。

 

 

腸脛靭帯炎(ランナー膝)は、なかなか改善しなかったり、痛みが再発しやすくなります。

 

スポーツしている方はもちろん、スポーツをしていない方でも痛みが出る可能性があります。

 

一人で悩まず、お気軽に当院にご相談ください