ぎっくり背中

こんなお悩みでお困りではありませんか?

  • 背中に急に痛みが出てきてしまった
  • 背中の片側だけが痛い
  • 背中の筋肉が張って痛い
  • 慢性的に背中に鈍い痛みがある
  • 腰から背中にかけて動くと痛みがある

もう大丈夫です!当院には、ぎっくり背中でお悩みの方が多く来院されて、改善している事例が数多くあります。

 

ぎっくり背中とは、「そのうち良くなるかな」と思い過ごしていると、段々と症状が重くなり、背中の痛みが腰や首まで拡がっていったり何もしなくても痛みが出ることもあります。症状が慢性化してくると治るのも遅くなる傾向にあります。

 

 

もしあなたがぎっくり背中でお悩みなら、一人で悩まずにぜひ一度当院まで気軽にご相談ください。

当院がぎっくり背中改善に際して大切にしていること

「ぎっくり背中」とは何なの?と思う方も多いのではないでしょうか。ぎっくり背中とはぎっくり腰と同じで症状を表す言葉で、医学的な名称ではありません。

 

一般的には、背中(首の付け根より下側~腰の上あたりまで)の筋肉や関節または関節を構成する軟部組織に炎症が起きている状態です。

 

ぎっくり背中は

  • くしゃみや咳
  • 物を拾う時や下を向いた時
  • 重い荷物を持った時

など、ふとした動作で起こりやすく、急激な痛みが背中を襲います。

 

通常は3日〜1週間程度で痛みが引くことが多い症状です。

あなたは今までぎっくり背中に対して、どのような処置を行ってきましたか?

  • 痛み止め・湿布の処方
  • マッサージ
  • ストレッチ
  • リハビリ

が一般的です。

 

他の整体院や整骨院では、痛みがある背中をほぐし、電気をかけ、超音波などをすることが多いようです。

 

軽い症状の場合、整形外科や一般的な整骨院などでぎっくり背中が改善される場合もありますが、実際には、

  • なかなか症状が改善せず、また定期的に痛みが出た。
  • 対処を受けているにもかかわらず、症状が慢性化してしまった。

と悩まれている方も多いようです。

では、どうすればぎっくり背中の症状を改善することが出来るのでしょうか?

当院でのぎっくり背中に対するアプローチ

大袋駅前整骨院では、ぎっくり背中の原因を

  • 背骨や骨盤のズレ
  • インナーマッスルの機能低下

だと考えています。

 

なぜなら、背骨や骨盤がズレてしまうと筋肉の動きが左右均等ではなく常に引き伸ばされた状態になってしまい、筋肉の動きが悪くなったり硬くなってしまったりしてしまいます。そのまま普段の生活を送っていると関節や筋肉に無理な負担がかかり、特段、何をしたというわけでもないのに背中を痛め、ぎっくり背中になってしまう事が多いです。

 

 

当院ではまず、まずは身体のバランスをチェックしてから、背骨と骨盤まわりの検査を行い、骨の歪みを整えます。その上で、背骨の関節の動きをよくし痛みを出している背中の痛みにアプローチし改善させ、再発を防ぐためにストレッチ、トレーニング指導を行います。

 

 

背中の筋肉や関節は、物を持つ時や肩の動き、起き上がる時、などの様々な動きや、姿勢を保つこと、呼吸をする時など、身体の様々な動きで働いたりしています。

 

ぎっくり背中などで背中の筋肉や関節に炎症が起きると、それらの動作全てに痛みが出てしまうことも少なくありません。

そんなぎっくり背中の改善が遅かったり、何度も繰り返してしまうと日常生活に支障をきたしてしまいますよね。

 

当院ではそんなあなたのサポートができればと考えています。

一人で悩まず、お気軽に当院にご相談ください。